セキュリティ用語集 - ウイルス名

Hupigon (ハピゴン)

 

別名:BKDR_HUPIGON.F、W32/Hupigon、フピゴン、Backdoor.Win32.Delf.aws、Backdoor.Trojan、W32/Devall.A.worm
BKDR_DELF.FRI

 

Hupigon とは、バックドアを作成するトロイの木馬型マルウェアの一種です。

 

Hupigon は、ユーザ間のリムーバブルドライブを介して感染拡大する不正プログラムで、感染すると
ファイルを作成、MSIServerなど特定のサービスを強制終了、バックドア活動を行います。

 

バックドアを作成されてしまうとハッカーによって不正利用することで可能となり、
入力した捜査情報やディスク情報など個人情報を盗まれる可能性があります。

 

Hupigon 対策としては、ウイルス対策ソフトウェアを導入、ウイルスパターンファイルを更新し、
コンピュータ、リムーバブルドライブともにウイルススキャンを行う、検出されたウイルスは
全て削除するなどが有効です。

セキュリティ用語集

おすすめソフトランキング